男池から平治岳

ゆっくり平治岳(1643m)と 平治岳大船山(1786m)w 男池から 6月16日(日) 参加料7.500円 ゆっくり平治岳 体力度3 標高差800m 行動時間7時間ゆっくり ガイド二宮 大船山 板切へ 体力度4.5 標高差900m 行動時間:7時間 ガイド天野 集合場所 佐賀市役所西向い6:00

29.3.12 九重 男池-平治岳 ♯23(1676) 今日は早起きして九重平治岳へ。 4:50、自宅を出発し高速道路を通って男池園地へ向かう。 6:56、男池園地へ向かう途中丁度花牟礼山あたりから日が昇り始める。 7:30、男池園地の駐車場をスタート。

清水が湧く男池: 平治岳への登山道は男池からのコースがある。 駐車場も広く、きれいなトイレや売店もある。何故なら、九重山群からの水が、長い 年月を経て地下水となって、湧き出ている男池があるからだ。ここには毎日沢山の

男池駐車場標識 登山口詰所 男池登山口からのルートは大きく黒岳へ向かい大船山経由へ向かうルートと平治岳に向かうルートがある。今回はかくし水、ソババッケ、大戸越を経由して平治岳山頂を目指すこ

男池から2時間で「上台ウツシ」に到着です。行き先を 前岳から高塚に変更して、右の岩場に取り付きます。 「上台ウツシ」から1357mピークまではそうでもないが、 1357mピークから上台(1520m)までの急登はつらい。

大戸越は、男池からソババッケを経由してきた登山者で賑わいを見せている。 左手を見上げると、ピンクに染まる北斜面に左右二手に人の列が見える。 右手の列が登り専用で左手は下り専用とされ、 案内板 も立てられている。

くじゅう連山平治岳と北大船山のミヤマキリシマ 坊ガツルキャンプ場 これは、現在、大分県玖珠郡九重町と竹田市久住町にまたがっているからですが、九重町に関しては、ここのえと読み、久住町は、くじゅうと読まれています。 男池登山口

今回登る山は、平治岳。 美しい水が湧き出る、男池(おいけ)登山口からの出発。 カエデの新緑が美しい。秋には真っ赤になるのだろう。 山頂の麓、大江戸越しにはたくさんのハイカーの姿。 山頂方面はすでにピンク色の嵐。 素敵な出会いもありました。

初夏の柔らかな日差しを浴びながら、灌木の中を登ると平治岳と北大船の鞍部となる大戸越に出ます。 後ろには三俣山や星生山が見えています。 -10- 大戸越は由布市庄内町の男池からの登山道もあり、多くのハイカーが休憩していていました。

今回は、黒岳・大船山・平治岳への 登山道×・・・左へ行きます: 入口料金所から5分程で男池到着・・・正面、木枠の向う側へ降りると水源があります

男池【おいけ】を訪れた。男池と聞けば、ならば女池は?と気になる御仁もきっとおられると思う。男風呂、女風呂というように概ね対として名称にも使用される“男女”の関係であるが、残念ながら付近に女池なる湧水はないようだ。

男池の登山口から平治岳と大船山に登ってきました。 ミヤマキリシマの見頃はまだまだ先ですが、今年はどんな感じかなと思い行ってみました。 また、地震の影響で登山道がどうなっているかも少し心配でしたが、今回歩いたところは大丈夫でした。

8日 男池~東尾根~平治岳~大船山~東尾根~風穴~黒岳(高塚山)~風穴~男池 9日 大曲~星生山~久住山~中岳~稲星山~白口岳~法華院~三俣山~大曲 10日 牧ノ戸峠~黒岩山~泉水山~大崩ノ辻~牧ノ戸峠 チョット欲張りのピークハント登山でした

山友3名で平治岳にお花見に出かけました。男池から入りソババッケ直前に右折し東尾根を登りました。昨日の雨で登山道はぬかるみ、ずるずる滑り大変でした。山頂に着くとそこは別世界。ミヤマキリシマを満喫することが出来ました。

特に平治岳南峰と北峰の間は最盛期となる6月上旬には「天空のお花畑」と化す。その山頂へは男池園地や長者原からがアプローチしやすく、特に最短時間(2時間半強)で登ることができる男池からの登山者

平治岳の登山ルートは、長者原、吉部、男池などがあり、湧水池として知られる男池は、距離も短めなので日帰り登山におすすめの登山口です。 山頂からは、黒岳、大船山、坊ガツルまでの絶景が広がっており、初夏の心地良い風の中で楽しむ登山は最高

2017.06.10(sut) 大分県由布市 大分県竹田市 〜 男池・平治岳を歩く 〜 ♪ミヤマキリシマ♪ 「行かねば逢えぬぞミヤマキリシマ」 というわけで よしっ!と久住へ 6/9は仕事を終え 職場の先輩お二方と中洲の “British Pub MORRIS’ HIPPO”さんへ フィッシュ&チップスがお気に入り モリモリ食べる (下戸なの

今回どこに登るかずいぶん迷ったが、男池から平治岳を往復するルートを選んだ。これは1990年7月30日に歩いている。ヨシキが生まれてすぐの時期だ。それ以来12年ぶりの男池からの登山になる。 甘木を7時過ぎに出発する。

map黒岳・男池から白水へ・初めての1996/10/20: 黒岳 黒嶽荘から周遊1999/10/17: 黒岳・黒嶽荘から周遊・シャクナゲの2001/4/30 map大船山・平治岳・初めて1995/11/5: 大船山 長者原から1997/6/8: 大船山・今水東尾根から2000/12/24: 大船山 今水から東尾根2001/12/16

紅葉を求め、2年前にコロちゃんと登った平治岳に行きました。 長者原に車を1台おいて、もう1台で男池に行き入山。 大戸越から山頂にかけて気分が悪くなり、倍の時間がかかりました。 追い討ちをかけるように、大事件発生!

平治岳山頂からは初日に歩いた山々を一望しこれでようやく登らなくてよいという安堵感を満喫しながら休憩を取った。あとは下るだけなので ゆっくりと坊ガツル目指し下って行き、 2日目の行程を無事終了した。 ここから男池方面の方がメイン

坊ガヅルへの下りであるが浸食され酷くいたんでいる。下の方から石を持ってきて埋める運動をしているようだがまだまだである。この道も先ほどの下山道も平治岳の人気の所為であろう。何らかの対策をしないとさらに酷いことになるかも・・・

翌朝6時過ぎ、男池駐車場に到着するとほぼ満車状態。残りわずかとなったスペースになんとか車を停めることが出来ました。男池入口で清掃協力金¥100を払って歩き始めます 今回はソババッケ手前にある東尾根コースから山頂をめざします。

そして、男池から平治岳に登るなら未踏ルートの東尾根。りこ丸殿が道を間違えたレポを見て、登ったことがある北尾根との合流地点の確認も動機のひとつ(^^) 男池駐車場に4時前に着くとすでに下の駐車場はかなりの占有率。

雨ばかりでしたが、やっと!晴れました。男池から直登東尾根、山頂、大戸越から平治の中腹コースから大船林道、吉部でした。この所、ハードな歩きをしてなかったし体

2008年10月18日(土) 晴れ時々曇り “平治岳”は“男池登山口”を基点にしたピストンルートは歩いたことがあるが 周回ルートで歩けないものかと調べた結果、“吉部登山口”を基点として “平治の尾”を利用することで周回ルートがとれるようだ。 復路に使用した“平治岳”の山腹を巻く

今回ナオさんから平治岳(ひいじだけ、1642.8m)へのお誘いがありましたので 期待に胸はずませての登山です。 ナオさん、マロンさん、ミントの3名。 <2012年第27回目登山、第33座> 2012年6月2日(土曜日、曇)、平治岳 位置図 大きな地図で見る ル

男池駐車場から平治岳: 人ごみを避けるには、朝一番で山に登るに限ります。男池駐車場で一泊して、明朝、登ることにしました。 日曜の夕方なので駐車場には車が1台も有りませんでした。

九重連山・平治岳 絶景のミヤマキリシマ登山. 九重を代表するミヤマキリシマの名所として知られ、5月〜6月にかけて全国から登山者が集まる花の山「平治岳(ひいじだけ)」。

おいちゃん家の挟間田さんにもお会いしたかったため男池から登ることにする。10時30分前に男池に到着すると駐車場は満車で挟間田さんにご挨拶をして駐車場所を教えてもらう。平日と言うのにくじゅうは何処の駐車場も車で溢れている。

大戸越は男池方面から坊ガツルへの登山路が通る乗越、平治岳と北大船岳の間の鞍部と言った位置付けである。休憩用の広場が拓かれており、この日のような観光のピーク時には間断なく沢山の登山者の姿

『6月4日の天気予報を見たら、九州全域快晴(^^)v翌日5日(水)去年行けなかったくじゅう平治岳(ひじだけ)へミヤマキリシマを見に一人で登った。朝5時起床、自宅中』筋湯温泉・九重温泉郷(大分県)旅行についてフーテンオヤジさんの旅行記です。

木が低くなり、大船山が木の間から見えるようになると1,500mまで登ってきたことになり 元気が出ます。ちらほらとミヤマキリシマもあるのでなおさら。 そして、男池から1時間40分強で平治岳山頂。 ミヤマキリシマも満開。

一日目、今日はここから平治岳を目指します。 少しくもりがかった静な朝です。 透明度抜群の小川を渡って男池の湧水見て、歩きやすい遊歩道をしばらく歩きました。 すごい~~面白い~~ 恐竜みたい♪. 大きな岩に根を張った大木が多くてびっくりし

平治岳 6月24日、平治岳に登ってきました。 週間予報では、26日(土)26日(日)とまた雨の予報(>_<)、6月の第2週・3週の週末も雨が続き何処にも登れず我慢の限界に来ていたので、24日も雨が降りそうな天気でしたが会社を休ん

(14:25)~男池P(15:08) 男池の林からスタート 幻想的な霧の林 東尾根の新緑 雨後でズルズルが続く 黒岳が見える尾根を歩く 平治岳山頂に到着 平治の尾から

5月29日、平治岳にミヤマキリシマ鑑賞に行ってきました。綺麗に咲いてました。前日の高千穂峰での登山でびしょぬれになった雨具と登山靴を宮崎から大分に向かう途中のコインランドリーで乾かし準備万全です。夜11時ごろ長者原の駐車場に到着。午前中の早い時間までは雨の心配がなさそう

平治岳 ・東尾根コース(ひいじだけ・1642.8m) ~4回目 北大船山 (きたたいせんざん・1706m) ~4回目 前夜から出かけて22時ごろ男池駐車場に到着。すでに30台ほどが駐車中。 さすがこの時季一番人気の平治岳。我らも車中泊の仲間に。

平治岳の登山口・男池に近づくと道路に駐車した車が目につくようになってきた。まさか、こんなに手前から?と思いながら駐車場に着くと満車。駐車場付近の道路には両側にも駐車している。満車の駐車場に入ると通路まで駐車している。

6月8日から9日にかけて、久住連山にある平治岳(ひじだけ)に行ってきました。週の頭に綾の山仲間hさんからお誘いをいただき、月曜の夕方までには帰れる、ということだったので、ご一緒させていただきました。今回は「男池〜平治岳〜法華院温泉〜未定」というコースとのこと。

男池から歩いて30分のかくし水に到着。少し色づきがあります。 この先は少しずつ登りになり始め、ようやく赤がチラホラと見られてきました^^ そして、ようやくソババッケに到着。 ↑ ソババッケ。背面の山は平治岳です。山の紅葉がキレイ! ↑ 赤・黄

登山口の平治号の銅像に見送られて出発しました。 タデ原を通り、三俣山を見ながら登山開始しました。 ここから雨ケ池迄2.7㎞、坊がつるまで4.7㎞です。 長者原~今日の目的地の、坊がつるの法華院温泉山荘迄、約2時間かかります。

本日三度目の大戸越からはようやく平治岳が見え始めたところでした。 写真では分かりにくいですがピンク色になっているのは上の少しだけ。 本当に茶色が目立ちます。 そして登山口の男池まで帰ります。 男池に戻ったのは14時51分。

5:00 長者原に到着 平日だというのに既に満車状態 すると・・・昨日平治岳に登ったはずのy師匠ならぬy弟子から電話が・・・昨日は風が強かったので今日に変更して男池にいます。と、何処かで会えるか

平治岳の斜面が、ミヤマピンクできれい♪ 嬉しくなります。 本日の予定は平治岳には登らず。 男池 → 大戸越 → 北大船山 → 大船山 → 段原 → 風穴 → 男池へ と思っていた気持ちが揺らぎます・・・。 ん~~っ 今日はやっぱり北大船山へ!

8:39~9:16 平治岳(1,642.8m) 吉部から3時間を要して平治岳の山頂に到達した。ここからはそれまでとは全くの別の世界で、満開のミヤマキリシマの世界に酔うだけであった。

【熊笹の道から坊ガツルへ】 暮雨の滝から5分強かけて元の道に戻り、再び南へ。やがてミヤコ ザサが茂る道まで来ると(画像左)、辺りが明るくなってきました。 かねし:「おや?木の間越しに見えるあの山・・・ 平治岳

平治岳に上る。 ミヤマキリシマシリーズの〆は、やっぱり九重。 そしてやっぱり平治、大船。 早朝4時前に出発するも、5時半頃通り過ぎた牧ノ戸峠の駐車場は既に満杯で、路駐が始まっていた。 男池に