マツダ 技術

こちらは、マツダが30年めど全車に電動化技術、その中身は?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

マツダが見据える車の未来. 次代を担うエンジン(内燃機関)の革新技術とは? トップランナー. 藻類を車の燃料に!マツダが進める次世代バイオ燃料研究. マツダ株式会社 執行役員 r&d管理・商品戦略担当 商品戦略本部長 工藤秀俊

マツダの主要な車種に標準搭載される先進安全技術「i-activsense」を体験。マツダが考える、安全と運転の楽しさの両立を知る機会となった. 自動ブレーキなど、「i-activsense」を支える4つの技術を体験

マツダは先日、トヨタと技術資本提携を結び、2030年を見据えた技術開発の長期ヴィジョン「サスティナブル”Zoom Zoom”宣言2030」を発表しましたが、その具体的な次世代技術のロードマップが公開

マツダは10月11日、「G-ベクタリング コントロール プラス (G-Vectoring Control Plus、以下GVC Plus)」を開発したと発表した。 GVC Plusは、新世代型の車の運動制御技術だ。2016年に登場した運動制御技術の「GVC」を進化させた第2弾となる。そもそもGVCとは何か。名前に「ベクタリング」とつくことから、車

マツダの”アテンザ”は大幅改良を施して6月21日に発売を開始すると発表しました。デザイン、安全性能、走行性能、インテリアなど幅広い分野で性能と質をアップしています。インテリアは特に力が入っていて上質感は期待大ですよ。エンジンもskyacti

マツダの車を買うとマツダ地獄というものに陥るらしい、そんな噂も水面下に流れていたマツダ。 現在ではスカイアクティブ技術やクリーンディーゼル、そして鼓動デザインなど巧みな戦略でイメージを回復しています。 現在マツダはどのよ

マツダは、今年6月に新社長に就任した丸本氏が、今後の「電動化技術」に関する説明を行いました。ev向けに発電用としてロータリーエンジンが復活します。

マツダはこれまでに第2世代の「cx-5」や新型「cx-8」で、デザインや技術の一部ですでに“次世代化”を先取りしましたが、今回の新型マツダ3はすべてにおいて次世代のものを採用したのが特徴です。

そこで、「コンベエンジンの開発を続ける中で磨き上げてきた技術」(足立氏)を基にした燃焼改良によってこの問題を解決した。 マツダの

マツダの第45回東京モーターショーサイトです。次世代デザインビジョンモデルである「マツダvision coupe」のご紹介です。

マツダの地域ごとの販売台数をみると海外での販売がおよそ86%だというが、グローバルのシェアでいくと2%ほどとなる。海外でも認知されているグローバルブランドでありながら、業界のスモールプ

マツダが燃費を30%改善し、エミッションも低減可能な革新的技術をガソリンエンジンに採用する模様。 Homogeneous charge compression ignition=HCCIという技術で、シリンダー内で点火するまでは空気とガソリンとの混合気を圧縮するとされていますが、ここまでは普通のエンジンと同じように聞こえ

神戸マツダの整備技術. 神戸マツダのお店には、マツダ車の特徴である「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を常に発揮できるよう、おクルマをベストコンディションに保つための知識と技術を有したマツダ車のスペシャリストがいます。

3か月程度かかっていた評価を約5分で行える画期的な技術 マツダは、塗装鋼板の耐食性迅速評価技術と装置が、機械振興協会が主催する第54回

マツダが、コンパクトカー「マツダ2」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 新世代とし魅力をアップする新型マツダ2について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

マツダ、デンソーおよびトヨタは、市場動向に柔軟かつ迅速に対応するため、幅広いセグメント、車種をカバーできるevの基本構想に関する技術を共同で開発することに合意しました。

マツダの次世代ガソリンエンジンである「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」が、イタリアのミラノにおいて、将来性が期待される自動車技術に贈られる「Q Global Tech Award」を受賞した。

Sep 12, 2017 · マツダは世界中で高まる省エネ意識と排出ガス基準に対応するために、このエンジンを開発した。だがskyactiv-xは、多くのハイブリッド車やevを開発せずに、高い燃料効率を実現した車を提供しようと考えている同社にとって重要な技術となる。

マツダから新しい買い方のご提案. 3年ごとに最新の安全性能と走行性能を備えたマツダ車にお乗り替えいただき、豊かなカーライフをお過ごしいただくご提案です。

もくじ ー人気が下落を続けるディーゼルーマツダはディーゼルにこだわり続けるー代替燃料は価格次第 人気が下落を続けるディーゼル マツダは2020年に、革新的なディーゼル・エンジンの発表を予定している。ガソリン・エンジンや電 []

トヨタ自動車とマツダが、業務提携の拡大を検討することで合意した。両社はすでにハイブリッドシステムの技術供与や車両のoem(相手先

マツダはカラーにもこだわってる。同社では感性を塗膜構造に変換し、高精度材料と精密加工技術を用いたロボットによる

マツダのイメージを変えるには、この流れに乗るしかない. 現在のマツダにおいてもっとも評価が高いのは「マツダ3」かと思われますが、それもそのはずで、これは 新世代車両構造技術「skyactiv-vehicle architecture(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」、新世代エンジン「skyactiv-x」を

マツダが開発した先進安全技術「i-activsense」です。ミリ波レーダーやカメラを利用した自動ブレーキやクルーズコントロールにより、安全で快適なドライブを支援してくれます。そこで今回は、「i-activsense」がもつ機能について紹介します。

[PDF]

マツダ株式会社 代表取締役副社長 「マツダ “モノ造り革新”の進化~MBD活用含む」 ~マツダは、自動車. oemとしては小中規模企業であると認識している。 大それたことを言える立場ではないし、参考になるかどうか不明だが、 oem

マツダは、2017年8月8日に行った技術開発の長期ビジョン発表の場で、多くの技術のロードマップも示しています。 [アマゾン]mazda fanbook vol.009 (ノスタルジックヒーロー別冊)[カレンダー付き] 商

【マツダ】最新の安全技術「i-activsense」 グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!

こちらは、マツダが「ロータリーev」の投入延期、コスト面に壁のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

マツダがミドルサイズsuv「cx-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360

マツダの「skyactiv」技術はエンジンやトランスミッション、サスペンション、それぞれの改良もさることながら、それらをまとめ上げる統合技術にこそ真価がある。統合技術、というと難しく感じるかもしれないが、要は乗り味のことだ。

マツダエース株式会社 〒735-0028 広島県安芸郡府中町新地3番1号 このHPはマツダ株式会社の利用合意を受けているので無断転載・転用を禁ずる.

株式会社ツールプラネットは岐阜市の自動車整備関連商品を製作・販売する会社です。自動車用故障診断機、コードリーダーなど、今の自動車整備には欠かせない商品を取り揃えております。

最近のマツダ車は、魂動デザイン[魂動(こどう)-soul of motion]とskyactiv technology(新世代技術:スカイアクティブテクノロジー)に基づいて開発されて

マツダ マツダ3ファストバックの新型情報、最新ニュースはもちろん、自動車批評のプロフェッショナルによる徹底的に乗り込んだ試乗記、気に

17 時間前 · imsa:マツダ、ヨースト・レーシングと袂を分かつ。後任は技術パートナーのマルチマチックが担当

マツダは2日、新型のロータリーエンジン(RE)を活用して航続距離を飛躍的に延ばした電気自動車(EV)を2020年をめどに投入すると発表した。

マツダのディーゼルは何が凄いのか? 欧州で勃発するco2削減競争 マツダパワートレイン技術開発部長・寺沢保幸氏に聞く

マツダ cx-3に実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。マツダ cx-3の様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」

マツダは2018年10月2日、都内で将来のクルマづくりについての技術説明会を開催。丸山 明社長兼ceoおよび、藤原清志代表取締役副社長執行役員 社長補佐、北米事業・研究開発・mdi統括が登壇し、その詳

マツダの事務・技術系社員 人事主催研修体系. 知見録: そんな状態から、どうやって反転させたのか? 山下: 2010年から階層別研修のプログラムを全部ゼロから作り直した。また「部門コンサル型研修」や「異業種交流研修」なども加えていった。

マツダの次世代ガソリンエンジン「skyactiv-x」が“技術史に名を残す革新的な技術”として伊で高評価

電子デバイスを利用した技術が当たり前に溢れている現代だが、今回お披露目となったマツダの新技術「g-vectoring control」はなかなか興味深いものだった。 中古車の記事や読み物はカーセンサーnet

マツダブース内「mazda goods shop」にて、mazda3 モデルカー(北米仕様車)やフレグランス「soul of motion」をはじめとしたこだわりのマツダグッズを展示・販売しております。 細かな造形へのこだわりなどをお確かめください。

職種名 【4】コネクティッドカー領域のシステム企画開発(アプリケーション開発) 【7】cx系アプリケーション企画・開発(デジタル技術を活用したカスタマー・エクスペリエンス向上施策推進)

マルチマチック・モータースポーツはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次戦からヨースト・レーシングに代わって、マツダ・モータースポーツのDPiプログラムを運営する。 昨年11月にSports – Yahoo!ニュース(オートスポーツweb)

2017年8月3日 プレスリリース. マツダ、「cx-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売 全機種が安全運転サポート車の「サポ

東北マツダオフィシャルサイト。秋田、岩手、宮城、山形の東北4県の安心ネットワーク。マツダ車のご購入、整備、車検、中古車はお近くの東北マツダまでご用命下さい。